学生がプロミスを利用するための条件

20歳以上の学生であれば、プロミスを利用することが可能です。しかし誰もが利用できるというわけでもなく、一定の条件をクリアしなければ利用することはできません。学生であっても一般の方と同じ基準が適応されることを考えてください。また学生はプロミスでは利用限度額に規制が加えられることもあり、利用できる金額は少なくなります。

基本的に収入を確保していることに加え、ある程度働いていることを証明できなければなりません。収入の額以上に安定して収入が得られているかどうかが鍵となりますので、申し込みの際にプロミスにアルバイト先の情報を提示することも必要です。そしてそのバイト先で働いていることが証明出来れば、学生であってもプロミスを利用することができます。

学生がプロミスを利用できると言っても金額は50万円以下となる傾向が多く、場合によっては10万円位で抑えられることもあります。1万円単位で限度額を決めているプロミスでは、収入に対して結構シビアな審査が行われているのです。従って沢山借りたいと思ってもそこまでの数字は手に入らず、学生らしい金額程度に収まることが多いのです。

利用できないというわけではないので、困っているなら申込みをしても構いません。学生であっても急な出費に対応してくれるので、プロミスは頼りになる存在です。

いろいろなプロミス申し込みのメリット

プロミスでの申し込み方法は、店頭窓口からのほかに、電話や郵送で申し込むこともできます。これらの申し込みには、それぞれにメリットがあります。

店頭窓口から申し込みする場合は、プロミスのオペレーターと相談できるというメリットがあります。もしキャッシングの利用が初めてならば、どのようにして借り入れや返済をすれば良いのか、ということも聞くことができます。また借り入れた金額を返済するに、どのような方法ならば効率的かを聞くこともできます。

電話で申し込むときは、プロミスコールを使います。プロミスコールは、土日祝日も申し込みすることができます。また店頭窓口と同様に、わからないことや不安なことがあれば、オペレーターに相談できるメリットがあります。なお契約方法はプロミスの店舗や契約機に来店しての方法と、郵送する方法のいずれかを選択します。

郵送からの申し込みでは、プロミスの店頭窓口や自動契約機から申込書を持ち帰ります。その申込書に必要事項を記入して、本人確認書類をコピーしたものを同封して返送します。その後に審査があり、審査結果は連絡先に通知されます。

プロミスの審査に通過することができたら、契約書類やカードが自宅に郵送されます。また振り込み融資を希望する場合は、最短当日で申込書に記入した口座へ振り込まれます。即日融資のポイント

どの申し込み方法にしても、プロミスであればスムーズに借り入れを行えるようになっているのです。

プロミス申し込みの主流はインターネット

様々な申し込み方法のあるプロミスにおいても、現在で最も人気が高いのはインターネットでの来店不要のキャッシング手続きでしょう。早い融資も可能としているWeb契約であれば、平日14時までに契約完了となれば当日中に借りることも出来ます。

プロミスでは安心して借りられるだけでなくスピーディな融資にもしっかりと対応しているため、学生だけでなく多くの方に利用されている信頼の出来るキャッシングサービスと言えるでしょう。

債務整理をする際の危険な落とし穴

借金が返済できなくなり、これから債務整理をしようとお考えの方は十分な注意が必要です。なぜなら、債務整理をする上で、その裏には危険な落とし穴があるからです。債務整理をする際に注意しなければいけない落とし穴にはどのようなものがあるのでしょうか。

まず一番注意しなければいけない点は、お金を借りている業者や金融機関によって対策を変えなければいけないという点です。

一番安全で希望が持てる確実な方法は、任意整理ですが、業者や金融機関によっては任意整理を認めてくれないところもあります。そのような業者や金融機関でお金を借りること自体がそもそも間違っているのですが、すでに借りてしまっているものをどうこう言っても仕方がないのです。

もう1つの方法としておすすめしたいのは、おまとめローンです。多額の借金があっても、おまとめローンに切り替えることで返済する目途がたったというケースも多いのです。おまとめローンでなんとか頑張って返済をすれば信用情報も汚すことがないので、後々のことを考えると一番良い方法だと思います。

しかしながら、すべての業者や金融機関のおまとめローン審査に落ちてしまえば、最後に残された道は自己破産しかないというリスクもあります。自己破産だけは避けるような方法を専門家に相談してみましょう。